未分類

重合ポリフェノールが多く含まれている

更新日:

ウーロン茶は、茶葉を半発酵することで作られたお茶です。

半発酵の過程で複数のカテキンが結合し、重合ポリフェノールという成分が作られるのですが、これがウーロン茶の大きな長所のひとつとなっています。

というのも、重合ポリフェノールには、脂肪分の吸収をブロックする作用があるからです。

つまりウーロン茶を飲むと、この重合ポリフェノールにより、食べ物に含まれている脂肪分が、体内に吸収されにくくなるわけです。肥満防止につながるため、ウーロン茶はダイエットのためにもよく飲まれています。
そして黒ウーロン茶には、通常のウーロン茶よりも多くの重合ポリフェノールが含まれています。

半発酵させた茶葉を、時間をかけて煮出すことで作られているからです。

重合ポリフェノールの濃度が高い分、肥満防止効果も高いと言えます。そのため食前や食後に飲むことで、油っぽい料理を食べたとしても、カロリーオーバーを防ぐことができます。

具体的には、飲まなかった場合と比べると、食後の血中の脂肪濃度は20%低くなるのです。
さらに黒ウーロン茶は、ダイエットだけでなく美肌作りにも有効なお茶です。

食べ物で脂肪分を多く摂取すると、肌からは皮脂が多く分泌されるようになります。

その結果、毛穴に皮脂が詰まり、毛穴の開きやニキビなどの肌トラブルが生じやすくなるのです。

ところが黒ウーロン茶の高濃度の重合ポリフェノールにより、脂肪分の吸収が抑えられれば、皮脂の分泌量の増加も防がれます。

肌トラブルに加え、皮脂による肌のテカリも防がれるため、サラサラとした美肌を維持しやすくなります。
そのため多くの人が、ダイエットや美肌作りのために、黒ウーロン茶を食前や食後に飲んでいます。

tophe

黒烏龍茶トップへ

黒烏龍茶について最初から読んでみたい方、もう少し詳しく知りたい方はトップページから詳細を確認してみて下さい。オススメの黒烏龍茶も紹介しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 脂肪を吸着し体外へ排出! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.